2014年6月25日水曜日

キアシナガバチ

測量屋を時に恐怖におとしいれるキアシナガバチの巣が
現場内にありましたが、まだこの時期は子が孵ってないのでとても穏やかです。
この巣はガードレールに作られていて、巣の位置が低い所であるため
言い伝えからすると今年は台風の年かもしれません。
平成24年に福岡県内に大きな被害をもたらした豪雨災害の年は
スズメバチの巣でしたが逆に高い所にあったのを当時の現場内で見受けられました。
以上、ムシから学ぶ気象予測?でした

0 件のコメント:

コメントを投稿