2016年2月18日木曜日

オリフィスゲート現況調査

朝倉市にある寺内ダムのオリフィスゲート


内部基準点の位置と標高を観測し、前回と比べ、変動に異常がないか調査します。




オリフィスゲート動画

オリフィスゲート開放

2016年2月16日火曜日

寺内ダムにて


可動標的観測を主とした業務です。
斜面に点々と設置されている可動標的を毎年、1年に4回観測し、変動量を算出します。

標的は横へ一列に並んでいる為、比較的易しい業務だと思いましたが、
どうやら勘違いのようです。


写真では途中で切れていますが、まだ上下に測点がたくさんあるのです。
ダムの斜面を何回も往復しました。


鉛直変位観測
変動量の算出なので水準測量もあります。
斜面の測点に取り付けながらの往復です。
コンマ4桁まで測定しますが、風の吹きあがりにより
スタッフが揺れ、下から浮き上がることもしばしば。
数値もぶれます。
再測が無い事を祈るばかりです。


ダム上部にて一息。
筑後平野を見渡すながめは抜群です。