2015年11月16日月曜日

タワーによるGNSS観測

現地踏査や既知点の位置から設置場所、観測方法を決定します。
 今回は山間部に基準点を設置します。
周りの木々が高いため、12mのポールを使うことにしました。

 
写真は伸縮ポールでアンテナの高さを確認しています。


基準点の上空を撮影  
観測に影響を与える木々や建物等を把握するのに
トラコン/ポケットコンパスを使用したりします。


基準点埋設
作業規程に従い基準点を埋設。


コンクリートによる上面舗装
木杭とロープで立ち入り禁止措置をします。
時々、養生中に鳩や猫、犬などが固まってないコンクリートの上を歩き、
可愛らしい足跡を残しますが、この現場で出るのはです。
お願いだから出て欲しくはない、Go home!
願わくば綺麗な基準点が見たいです。


タワー設置
ワイヤーを張り、傾きをTSで確認。
みんなで息をあわせ、調整しながら設置します。
タワーの設置は難しく、時間に余裕を持たなければ
観測にズレ込んでしまいそうになります。


観測中
遠くから見ると結構な高さがあり壮観。


タワーの傾き確認
アンテナまで高さがあり、狭い作業範囲で
アンテナを見るにはアイピースが必需品です。



衛星状況の影響で、夕方6時近くまで観測。

片づけが終わる頃にはもうすでに辺りは真っ暗です。

予定通りではありますが、恐怖の山道を下山する事に(T-T)

ヘッドライトの明かりをたよりに2、3分ほど歩くと

近くにある神社がライトアップされているではありませんか!




今日のハイライト!!


昼と夜では紅葉の雰囲気が違いとても綺麗です。

遅くまで山にこもったかいがありましたv(^o^ )