2016年6月20日月曜日

ソフトボール大会

6月11日 筑紫地区建設コンサルタンツ協会のソフトボール大会に参加しました。

実測、大光技術、春日綜合3社の合同チームで
結果は、なんと 優勝!!

今回は、助っ人の方の尽力もありましたが、
なぜか勝ち進みました!!

活躍したみなさん
次回も優勝!!!

2016年6月3日金曜日

測量の日


6月3日、今日は測量の日です。
 
天神中央公園にて測量のイベントを行いました。
様々な測量器械を展示している中で存在感があったのがUAV(無人航空機)です。
 
今回はシュミレーターを使いモニターの中でUAVを飛ばしました。
予想以上に操作は難しくモニター内のUAVは
上昇と下降を繰り返しながらフラフラと蝶のようにしか飛びません。
何度かUAVの操作を誤り、ついに墜落!!
シュミレーターと言えどリアルにプロペラが破損しました。
このUAVの墜落が現実でなかったことにホッと安堵する私。
これが現実ならば週明け、私の席は存在しないでしょう。
上手く飛ばすのはまだ先の話になりそうです。

 
 
 
 
 
 

2016年3月4日金曜日

鍋パーティin会社

会社にて鍋パーティー開催!!
左がもつ鍋、右はちゃんこ鍋(春日スペシャル)です。

おいしくいただきました。次回の反省点は魚とモツの下処理をしっかりすること。

2016年2月18日木曜日

オリフィスゲート現況調査

朝倉市にある寺内ダムのオリフィスゲート


内部基準点の位置と標高を観測し、前回と比べ、変動に異常がないか調査します。




オリフィスゲート動画

オリフィスゲート開放

2016年2月16日火曜日

寺内ダムにて


可動標的観測を主とした業務です。
斜面に点々と設置されている可動標的を毎年、1年に4回観測し、変動量を算出します。

標的は横へ一列に並んでいる為、比較的易しい業務だと思いましたが、
どうやら勘違いのようです。


写真では途中で切れていますが、まだ上下に測点がたくさんあるのです。
ダムの斜面を何回も往復しました。


鉛直変位観測
変動量の算出なので水準測量もあります。
斜面の測点に取り付けながらの往復です。
コンマ4桁まで測定しますが、風の吹きあがりにより
スタッフが揺れ、下から浮き上がることもしばしば。
数値もぶれます。
再測が無い事を祈るばかりです。


ダム上部にて一息。
筑後平野を見渡すながめは抜群です。

2015年11月16日月曜日

タワーによるGNSS観測

現地踏査や既知点の位置から設置場所、観測方法を決定します。
 今回は山間部に基準点を設置します。
周りの木々が高いため、12mのポールを使うことにしました。

 
写真は伸縮ポールでアンテナの高さを確認しています。


基準点の上空を撮影  
観測に影響を与える木々や建物等を把握するのに
トラコン/ポケットコンパスを使用したりします。


基準点埋設
作業規程に従い基準点を埋設。


コンクリートによる上面舗装
木杭とロープで立ち入り禁止措置をします。
時々、養生中に鳩や猫、犬などが固まってないコンクリートの上を歩き、
可愛らしい足跡を残しますが、この現場で出るのはです。
お願いだから出て欲しくはない、Go home!
願わくば綺麗な基準点が見たいです。


タワー設置
ワイヤーを張り、傾きをTSで確認。
みんなで息をあわせ、調整しながら設置します。
タワーの設置は難しく、時間に余裕を持たなければ
観測にズレ込んでしまいそうになります。


観測中
遠くから見ると結構な高さがあり壮観。


タワーの傾き確認
アンテナまで高さがあり、狭い作業範囲で
アンテナを見るにはアイピースが必需品です。



衛星状況の影響で、夕方6時近くまで観測。

片づけが終わる頃にはもうすでに辺りは真っ暗です。

予定通りではありますが、恐怖の山道を下山する事に(T-T)

ヘッドライトの明かりをたよりに2、3分ほど歩くと

近くにある神社がライトアップされているではありませんか!




今日のハイライト!!


昼と夜では紅葉の雰囲気が違いとても綺麗です。

遅くまで山にこもったかいがありましたv(^o^ )

2015年8月19日水曜日

開かないマンホールに救世主現る!

ハンマーで叩いても潤滑剤をスプレーしても全くビクともしないマンホールに

救世主が現われました!





某マンホール製造会社に相談したところ、
専用ジャッキを持って営業の方が現場まで来てくださいました。
おかげさまで下水管調査の全てを完了です!
本当にありがとうございました。